鷹の台連画2013

1994年にNTT/ICCで行われた「二の橋連画」と同じ種をきっかけにして、20年後の今、どのような樹が育つか実験してみた。

shalemap-a-131129

セッションのページへ http://cambrian.jp/tree/?p=musabi13b

 二の橋連画(1994)

01 10

Siggraph1994の「連画」ブースで、たまたまエリザベスという9歳の女の子が描き残した絵を種として、20人の連衆がミームの樹を育てた。

二の橋連画
http://renga.com/rengaarc/ninohashi-renga/ (連画時系列)
http://www.ntticc.or.jp/Archive/1994/Renga/index_j.html (NTT/ICC)

鷹の台連画2013」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。