顔ポイエーシス Face Poiesis 2004 (みらいチューブ )

Face Poiesis 2004 (MIRAITUBE)

顔ポイエーシスの第2セッション<MIRAITUBE>は、中村理恵子の pure pool安斎利洋の pure pool 、それらを混ぜ合わせ交配した hybrid pool から成り、以下は二人の種を交配し繁殖した雑種です。ハイブリッドは無数の奇妙な失敗とともに、ときおり個々の領域を超えた逸品を生みだします。2004年2月1日に開通した「みなとみらい」駅地下コンコース大画面のために制作。

NAKAMURA + ANZAI hybrid pool

NAKAMURA’s pure pool

facepoiesis-n-rr

ANZAI’s pure pool

facepoiesis-a-rr2


顔ポイエーシス in the tube

miraitube

案内文

絵を描く過程をDNAとし、複数の絵の遺伝交配によって無数の絵を作っていく……
この新しい創作手法の実験として、昨年の秋『顔ポイエーシス-ICC2003』シリーズを発表しましたが、ICCでの実験結果を絵作りにフィードバックし、システムの精緻化を図った新シリーズが『みらいチューブ2004』シリーズです。

今回のセッションは、みらいチューブでの展示(上の写真)と連動しています。みらいチューブは、2月1日開通のみなとみらい線みなとみらい駅地下コンコースに設置されたインタラクティブな大映像投影環境で、顔ポイエーシスは、開通を記念して開催されるメディアアート展覧会『in the tube』の一作品として展示されています。

平成の五百十二羅漢をキャッチフレーズとし、通り行く人が、友達、恋人、家族、自分の顔をそのなかに発見するゲームでもあります。浮遊する顔の前に立ち止まると、出会った証として<再見鍵>(ツァイチェンキー)が表示されます。その番号を書き取っておけば、Webから同じ顔に再び出会うことができます。

顔の交配は展示期間中も続行し、みらいチューブの顔プールも進化するとともに、Webサイトにも順次追加されます。顔作品プールは、安斎、中村それぞれ個人作品同士の交配による個別のプールと、両方の種を混ぜた交配プールの3つを用意しています。これらを見比べると、民族や文化様式の生成と交差の妙を発見できるかもしれません。

05b

untitled

ついでに天球連画を試射


P.170r

サンデー毎日 2004.3.21号

RENGA works |

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/rengacom/www/wordpress/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399