マジック・ケプラー Magic Kepler

プラネタリウム空間ペイントシステム

tri06

デネブ、ベガ、アルタイルとその周辺

構成と機能

この項目は編集中です

kepler1

分散描画モジュールの操作卓

メタボールでゲシュタルトを発見する

恒星の明るさと色のデータをもとに、光を拡散し、メタボールの手法で被膜を作る。新しい関連が生まれる。
ori17trimb

描いた線が拡散していく

Toshihiro ANZAI solo works |

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/rengacom/www/wordpress/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399