Generation 1985

パーソナルコンピューターによる銅版画のような質感表現を試みた。1985年当時のパソコンのなかで、もっともCGに適したグラフィックス環境を備えたSONY SMC-777C (320×200 画素4096色中16色)を用い、16色パレットを明度グラデーションに制約するアイデアによって、テクスチャーを演算で生成するなどの表現を追求した。この作品のために作りためたプログラムソース(CP/M80上の Turbo Pascal v.2 で記述)は、「パーソナル・コンピュータ・グラフィックス」(美術出版社)に収められるとともに、当時、概念が定着しはじめたパブリックドメインソフトウェアとして、JUG CP/Mを通して配布された。ここにある画像は、SMC-777Cの表示系のアスペクト比に合わせるために、オリジナル画像320×200画素を1600×1200画素に拡大している。
(日経CGグランプリ佳作入選)
GEN1

A Breeding Season 繁殖期

GEN2

Aeolian Strings 風の弦

GEN3

The Bed of the Sea 海底

GEN4

Fossil Island 化石の島

Toshihiro ANZAI solo works |

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/rengacom/www/wordpress/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399